ひなたのぶろぐ

日向坂46(旧ひらがなけやき)の応援ブログ! 日向坂46最新情報、メンバー紹介、曲のコールやサイリウムカラーまで幅広く投稿!

MENU

【曲紹介&コール】『JOYFUL LOVE』

  

1.曲紹介

『JOYFUL LOVE』はDL数No.1のファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ」のタイアップ楽曲として知られる、言わずと知れた日向坂46の名曲です。

ひらがなくりすます2018において初披露され、以後、日向坂46を象徴する1つの代表曲として人気を博してきました。

 

ただ、その人気とは裏腹にこの楽曲のCD音源はメチャカリ有料プラン会員限定の特典として会員にのみプレゼントされたにすぎず、いまだ、CDとして多くの方の手に行き届いていません。

メンバーのブログなどを見ると『JOYFUL LOVE』のMVを撮り直している(?)と思われるので、3/27発売『タイトル未定』のデビューシングルにカップリング曲として収録されているのではないかと思います。

 

各メンバーのカラフルな衣装は虹色となり、それはそれは綺麗なものです。

 

今後のライブでも歌われる可能性がかなり高い楽曲ですので、是非一度お聴きになって下さい。

 

 

2.コールについて

コールについてですが、新曲であり、まだライブで歌われた経験が少ないため定式化されているものがありません。


3.ペンライトカラー

 

ペンライトのカラーは虹色です。

『JOYFUL LOVE』といえば、ひらがなくりすます2018において会場全体のペンライトが虹色に揃ったことで有名です。

 

発端は数名のファンの思いつきとその呼びかけからだといいます。

 

それはそれは圧巻でした。多くの方を感動させ、メンバーのほとんどがライブ後のブログで"1番の思い出だ"と口を揃えました。

 

個人的には今後も虹色で揃えられればいいと考えています。

たしかに、ひらがなくりすます武道館は3日間開催され、1日目→2日目と順に揃うようになり、やっと千秋楽の3日目に完全に揃ったというものでした。

 

それもそのはず、1万人を超える人々のペンライトを虹色に揃えるというのは簡単なことではありません。当然会場の使用形態を把握することから始めなければなりませんし、スタンド席が7つのブロックで構成されているとも限りません(武道館はちょうどスタンド座席が7つのブロックで構成されていたので比較的理解が得やすかった)。

 

このように考えれば、「武道館が虹色に染まった伝説の夜」として良い思い出に終わらせ、今後は好きなようにペンライトを振ればいいという考え方も十分あり得るところです。

 

ですが、個人的にはあの光景をもう一度メンバーに見せたいというのと、まだご覧になっていないファンの方々に実際に体験してほしいと考えています。

揃わなければしょうがないとは思います、ただ、揃えようとしなければ揃うものでもありません。

 

1年に数十回もあるものではないのですから、その都度精力的に呼びかけをしていき、揃える努力だけはしようと考えています(前回のツイートですと見て下さる方が10万人ほどいたので、ツイッターで見た!という人が協力してくださるだけで、あとは会場の雰囲気(空気)で揃うのでは?と思っています)。

 

では、どのように色が割り振られたかを説明していきます。

ステージ向かって(観客から見て)右側から、

 

紫(4)→青(14)→水(空)色(7)→緑(0)→黄(1)→赤(2)→桃(5→9→11)、アリーナは白(12)

 

というのが武道館での割り振りになります。

 

3/5.6の横浜アリーナではステージサイド席が解放されていますから、おそらく(センターステージが設置されているかは不明ですが)前にステージが設置されている"ひらがなくりすますの武道館型"の使用形態であると思われます(縦長か横長かは不明)。

 

ですから、上記の武道館時と同様にステージ向かって右から紫→→→→→桃というようにカラーが割り振られることになります。

右ステージサイドの方々が紫にし、左ステージサイドの方々が桃にすることがスタートです。

その他の具体的な割り振りについては、使用形態が具体的に予測できるまでなんとも言えません。

 

情報が入り次第、Twitterやブログで呼びかけていくのでチェックしていただければ嬉しいです!

 

追記:2019-2-28  『JOYFUL LOVE』ペンライトカラーについて

www.hinatazaka46pr.info

 

 

4.総評

頻度:★★★★★

難易度:★★★★★

ペンライトカラー:虹色


5.コール(歌詞あり)

〇〇にはメンバーの名前が入ります。そのパートを歌っているメンバー(モニターに映っているメンバー)の名前を呼ぶのが通常です。

呼称は以下の通りです。 

1期生

井口眞緒…いぐち

潮紗理菜…さりな、なっちょ

柿崎芽実…めみちゃん

影山優佳…かげちゃん

加藤史帆…としちゃん

齊藤京子…きょんこ

佐々木久美…くみちゃん、きくちゃん

佐々木美玲…みーぱん

高瀬愛奈…まなふぃ

高本彩花…あやちゃん、あやか

東村芽依…めいちゃん、めいめい

2期生

金村美玖…みくちゃん

河田陽菜…ひなちゃん

小坂菜緒…なおちゃん

富田鈴花…すずか

丹生明里…にぶちゃん

濱岸ひより…ひよたん

松田好花…このか

宮田愛萌…まなも

渡邉美穂…べみほ

3期生

上村ひなの…ひなの(?)

 

 

『JOYFUL LOVE』

歌:日向坂46

作詞:秋元康

作曲:前迫潤哉、Dr. Lilcom
編曲:Dr. Lilcom

 

君がほほ笑むだけで

何だって許せてしまうんだ

まるで木漏れ日のように

暖かい気持ちになれる

 

JOYFUL LOVE

これは恋なのか? WOWOW

JOYFUL LOVE

初めての世界  WOW

 

見つめた瞬間 ふいに言葉は邪魔になる

心はとっくに通じているかもしれない

 

誰も生きていれば嫌なこととか

傷つくこといくつもあるよ

だけど君と出会ってから変わった

俯くより顔をあげた方が人生は楽しいんだ

 

どんな悲しみだって

そっと包み込んでしまうよ

理由なんて言わなくても

すべてわかってくれる

君がしあわせならば

そう僕もしあわせな気がする

風が木々を揺らすように

笑顔は連鎖して行く

 

JOYFUL LOVE

愛はいつだって WOWOW

JOYFUL LOVE

素晴しい力 WOW

 

本当のやさしさは

してあげることではなくて

何もしなくても

穏やかになれることだろう

 

ずっと難しく考えていた

痛みからの立ち直り方

ある日 君を見ているうちに気づいた

今日のことはすぐ忘れた方が

明日また楽しくなれる

 

そんな思いやりには

僕はどう返せばいいのか?

辛いことあった時は

理屈じゃ解決しない

君が微笑むだけで

何だって許せてしまうんだ

まるで木漏れ日のように

温かい気持ちになれる

 

どんな悲しみだって

そっと包み込んでしまうよ

理由なんて言わなくても

すべてわかってくれる

頬に落ちる涙は

温もりに乾かされるんだろう

僕も笑顔になれたら

今より強くなれるね 

 

JOYFUL LOVE

君に誘われた WOWOW

JOYFUL LOVE

美しい光

JOYFUL LOVE

これが恋なのか? WOWOW

JOYFUL LOVE

初めての世界 WOW

 

 

6.注意点

※当ブログでの記事はメンバーのブログやメッセージ、その他のインターネットサイト等を参考に作成されております。

※コールやペンライトカラーを合わせることを強制するものではございません。

※記事は個人見解に基づきます。不正確な部分があるかも知れません。

※コールはあくまで一例であり、正確性を保証するものではありません。

※5に記載の歌詞は「出所」たる作詞者及び作曲者を「明示」(著作権法48条1項1号)したうえで「引用」(同法32条1項)したものである。

 

以上、ご了承下さい。